Wharton MBA (Class of 2009) 有志による「刺激」を共有する場
by whartonjapan09
Sponsored by

Movin' Strategic Career
http://www.movin.co.jp/

Antelope Career Consulting
http://www.antelope.co.jp


フォロー中のブログ
Wharton MBA ...
Wharton MBA ...
カテゴリ
全体
タク
シン
doc
Ben
Yak
Mia
Shu
TOM
punk!
Ted
Nobu
オッサン
おにゃお
Master
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


INSEADでの授業 (オッサン)

3月末のオークションの結果、希望通り以下の授業を受講することが確定しました。

1 Global Strategy & Management  Rangan Subramanian (0.5単位)
2 Industry & Competitive Anal    Cool Karel (1.0)
3 Management of Services      Hasija Sameer (0.5)
4 Strategy,Ownership&Governance Richter Ansgar (1.0)

中でも、2つ目の授業(通称ICA)は、INSEADの看板クラスの一つなので、楽しみにしています。

授業開始は5/4からで、5/3の夕刻にフィラデルフィアを発つ予定です。
5/4の朝にシャルル・ド・ゴール空港着なので、午後からの1つ目の授業(GSM)には何とか間に合いそうです。

アパートは、同時期にシンガポール・キャンパスへ移動するINSEAD生からサブレットすることになりました。
フォンテーヌブロー市内で家族が住めそうな短期貸し物件はかなり限られるため、住居探しは非常に苦労しましたが、当アパートは学校まで徒歩7分、4部屋で75m2、インターネット&ケーブルTV完備で駐車場付きと申し分なし。長男の小学校(INSEADと提携しているInternational School)にも近いので、2ヵ月住むには格好の場所です。
[PR]
# by whartonjapan09 | 2009-04-22 22:43 | オッサン

Lunch with Prof. MacDuffie (オッサン)

今日(4/20)は、TOMのコーディネートにより、3Qでお世話になったStrategic Mgmt of Human Assetsの担当教授John Paul MacDuffieと一緒にランチをすることになりました。

ウォートンでは、学期中(特にコア)に教授が学生とのランチやディナーを設定することが多いのですが、アメリカ人はじめゴマすり目的で跳び付く輩が非常に多いのを目の当たりにし、これまでどうも及び腰でした。ただ、今回は学期終了後であり、こちらからのアプローチということで、非常に楽しみでした。彼の経歴は以下の通り。

Associate Professor of Management
PhD, Massachusetts Institute of Technology, 1991
BA, Harvard University, 1977

a0106603_1153421.gifResearch Areas
Flexible/lean production systems; organizational learning and knowledge transfer; modularity and "build-to-order"; managing organizational and technological change; collaborative design and production; international comparative human resource strategies; the changing employment contract

Academic Positions Held
Wharton: 1990-present (Co-Director, Reginald H. Jones Center for Management Policy, Strategy, and Organization, 2001-2006).

上述の通り、彼は人事・組織論の教授であるとともに、自動車産業の専門家でもあります。実はかなりの日本通で、1990年代後半以降、主にトヨタとの共同リサーチ or プロジェクト等で毎年1-2回は来日しているそうです。
3Qの授業はかなり面白かったので、来日の機会を捉え、在日のウォートンアラムやエグゼクティブ向けにクラスの内容(人事管理モデルの分類、ストラテジーや企業カルチャーとの適合性、企業カルチャーを形作る構成要素について等)をコンパクトにして公演してもらえないかとお願いしたところ、スポンサー企業とのスケジュール調整がつけばOKと言ってもらえました。
現在、トヨタのWindow Personは、ウォートン・アラム(Class of 2006)のNさんらしいので、これはかなり実現可能性が高いものとなりそうです。日本に帰ってからの宿題が、また一つ増えました。
[PR]
# by whartonjapan09 | 2009-04-21 11:55 | オッサン

GO! Phillies 2009 (オッサン)

この1ヵ月近く、一日のほぼ7-8割(肉体的にも精神的にも)はJapan Nightの準備に投入していたので、今日はひたすら開放感。
家族4人で、おそらく最後となるPhilliesのホームゲーム観戦へと出かけました。

私たちが住むCenter Cityから南へ下がったSouth Phillyの一角に、いわゆるSports Complexが設置されており、4大スポーツ(MLB、NFL、NBA、NHL)のスタジアムが一堂に立ち並びます。
a0106603_1152765.jpg中でも、PhilliesのCitizen's Bank Parkは私の大のお気に入り。青々とした芝生に開放感のあるスタジアムは、天気の良い日は本当に爽快。おまけに、メジャーリーガーが間近に見れる内野席でも$40台で入手可能と超お買い得、3-4階席なら$20台で観戦できます(立体的な構造でグラウンド全体が見渡せ、全く問題なし)。

a0106603_1118201.jpg前回のNBA(76ers)のときもそうでしたが、長男はもう立派にスポーツ観戦ができる年頃。テレビ中継では落ち着きが無く、集中して見れないのですが、スタジアムでは身を乗り出して試合に釘付け。やっぱりボールパークの雰囲気は格別です。
この日は、昨年のWorld Series制覇の立役者であるUtley(26)とHoward(6)がホームランを放ち、9回表には抑えのエースLidge(54)が登場と、絵に描いたような素晴らしい展開。…だったのに、Lidgeが乱調でファーボールを連発し、まさかの逆転負け。子供たちは、最悪の結末の前に勝利を確信して寝てしまっていたので、不幸中の幸い(?)でした。

Philliesの球場に来るのは今日が最後だよ、と言い聞かせていたら、長男が「僕たち日本に帰ってもフィリーズを応援しようね!」と可愛らしいことを口走っていました。
フィラデルフィアは、子供たちにとって第二の故郷。いつか彼らが自分たちの大切な人と、再びCitizen's Bank Parkを訪れてくれるなら、こんな幸せなことはありません。
[PR]
# by whartonjapan09 | 2009-04-19 10:59 | オッサン

Japan Night 2009を終えて (オッサン)

Japan Night関係者各位

まずは昨年9月から一緒に走り続けてくれた8人の実行委員のみんな(Masa、ビル、熊、Ben、TOM、ふーみん、梅さん、Shockyou)、本当にお疲れ様でした。
Japan Pub、そしてInt'l Food Festival を通して培った経験とチームワークが無ければ、昨日のJapan Nightはそもそも実現不可能でした。本当にありがとう。

a0106603_10481458.jpgまた、終盤で困ったときに、例によって例のごとく無理矢理巻き込んだシン&Kenjiには本当に助けられました。
Thanks!
むっちゃん、優ちゃんには、再び模擬店で大活躍してもらい、Osamu、Nobu、Kuraさん、Punk!には空手パフォーマンスetc. 土壇場でいろいろ助けてもらい、本当、感謝してます。

a0106603_10484236.jpg1年生の皆さんにも、新役員の3名はじめ、ソーラン節に模擬店にと大勢の方にご協力いただきました。
4月開催となったこともあり、新体制に移行した後にもかかわらず、引き続き2年生主導で何かとやりにくいところや不明な点も多かったことと思いますが、当日、ほぼ全員の方のお顔を拝見でき、少し安心しました。

私自身、昨年のこの時期にJapan ClubのPresidentを引き継いだ当初から、何とか自分の代でJapan Nightを復活させたいという思いでスタートさせたプロジェクトでしたが、終盤は正直、自分でも「誰のための、何のためのイベントなんだろう?みんなが本当に望んでいるリソース(時間、人、金)の使い方なんだろうか?」と悩みに悩みまくり、何度もやめたくなりました。
a0106603_10505352.jpg
率直に言うと、300名以上の人たちが来場してくれ、無事盛況に終わってホッとしたし、協力してくれた皆さんには本当に感謝の気持ちで一杯ですが、反面、充実感よりも開放感の方が強いです。
もしかしたら、Japan Night2010, 2011 と続いていけば、「やってよかった」と思えるときが来るのかも知れませんが、今は良く分かりません。

とにもかくにも、皆さんへの感謝の気持ちは尽きません。ありがとうございました。
卒業まで1ヵ月を切り、INSEADに行く身としては、ウォートン/フィラデルフィアでの生活も残り約2週間となりました。
残された期間は、時間の許す限り皆さんと飲んで語る機会を設けたいと思っています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by whartonjapan09 | 2009-04-18 10:26 | オッサン

いよいよ本日!~Japan Night 2009概要~

ビール・日本酒に、日本食もいっぱいあります。子供向けに日本のお菓子も配ります。
パフォーマンスも充実!!
家族、友人、近所の方をお誘い合わせの上、是非ご来場ください。

日時:4月17日(金)6~9時
場所:34th&Spruce Street, Houston Hall (Hall of Flags)

チケット:前売$15(下記サイト)/受付$20
https://masanori-kasai.ticketleap.com/buy-tickets/parties/japan-night-2009/philadelphia/D25EE240-57E0-431B-9207-5ED2F195138
※Japan Clubメンバーは無料、ご家族・ご友人の方はチケットをお買い求めください(12歳以下無料)。

イベント概要:以下参照

【模擬店】
巻き寿司、からあげ、ポテトサラダ、焼きそば、豚汁、おにぎり、コロッケ、おでん、カレーライス、焼うどん、ぜんざい、みたらし団子、ところてん、フランクフルト

【スペシャルコーナー】
Kirin Ichiban Beer Bar
Sake Tasting
Kids Corner (sponsored by Maido! & Wharton Japan Club) ※ラムネ飲料とお菓子を配布
JAGP Information Counter
Sponsor Counter (Nittu, IACE Travel, Continental Airlines)

【パフォーマンス】
ジャズメドレー&オペラ日本歌曲(6:15-)
空手(7:30‐)
ソーラン節(8:15‐)

【ラッフル】
1等:日本往復航空券(エコノミー)1名様 コンチネンタル航空提供
2等:カラオケ1時間無料券30名様 Yakitori Boy提供
[PR]
# by whartonjapan09 | 2009-04-17 09:30 | オッサン

Inter-school Volleyball Tournament (オッサン)

秋にHBSで開催されたビジネススクール対抗バレーボールトーナメントですが、春は毎年、我らがWharton Volleyball Clubがホストを務めます。

春休み明けに、同級生のKuraさんとともにトーナメント出場を決意し、1ヵ月あまり練習(調整?)を重ねてきました。
我々Japaneseコンビは、ロシア人のGeorgiy、ブラジル人のGuiherme、同じくブラジル人のClaudia(実は1年生のSpouse)、アメリカ人のStephanie(実はDental School生)とともに、Aチームの先発レギュラーとしてタイトル奪取に臨みます。
a0106603_1023418.jpg
秋に比べると、新キャプテンGeorgiyの負けず嫌い(激情家?)な性格を反映し、相当に「勝ち」を意識したチーム編成となっています。
特に、新戦力のKuraさんは、大学時代に体育会バレー部で鳴らしただけのことはあり、技術が相当にしっかりしており、お世辞抜きに上手い。一人だけレベルが違う感じです。

1回戦の相手はColumbia。穴が無くてなかなかしっかりしたチーム。このレベルの相手に手堅く勝てれば、波に乗れそうな感じです。
1セット目は、Kuraさんのジャンプサーブで連続得点を重ね、あっさりと先取。2セット目、何故か「記念参加」の女子プレーヤー2名を交代で投入し、守備の乱れから取り返される破目に。3セット目は再びフルメンバーで臨み、何とか勝ちを確保するものの、余計な体力を浪費してしまいました。

2回戦はCarnegie Mellon (Tepper) Bチーム。秋にも対戦しましたが、このチームにはあっさり勝って、体力を温存したいところ。…なのに、また2セット目に選手交代をして落とし、結局3セット戦うことになってしまいました。Kuraさん(34)と私(37)は、既に6セットをフルにプレーしており、疲労の色が隠せません。

準決勝の相手は、Carnegie Mellon (Tepper) Aチーム。セッターのトス回しが冴える強敵で、秋は苦杯をなめています。ここを撃破し、前回チャンピオンChicagoとの決戦に臨みたいところ。
しかし… Kuraさんと私以外のメンバーも、疲労のために粘りに欠け、守備にガタがきてしまいます。フルセットまで持ち込んだものの、最後はズルズルと失点を重ね、惜敗を喫してしまいました。

残念だけど、年なのによく頑張ったよなー いい思い出だ。

と一息ついていたら、キャプテンGeorgiyが、"I don't wanna lose any more!!" とか言い出して、当初予定に無かった3位決定戦を設定。おいおい、そもそもお前がちゃんと動けるのかよ…
結局、やらなくていい試合に臨み、しかも相手は再度Carnegie Mellon Bチーム。結果、一度は勝ったチームに再戦で破れ、何とも後味の悪い終り方をしてしまいました。

とは言え、ある意味こんなに真剣に、学校の名前を背負ってスポーツすることなんて、日本に帰ったら二度とないわけで、中年の青春を存分に楽しませてもらった感じです。

当日のプレーの映像(Kuraさん編集、BGMつき)がYoutubeに載ってますので、ご参考まで。
http://www.youtube.com/watch?v=UpY6DPAIhw4
[PR]
# by whartonjapan09 | 2009-04-12 09:26 | オッサン

Prof. Franklin Allen on Financial Crisis(オッサン)

ウォートンでは今学期、毎週火曜の4:30PM~
Economic & Financial Crisis: Causes, Consequences, and Policy Options
という特別講義 (MGEC899) を開催しています。

a0106603_9124018.jpgFinanceやManagementの著名教授が週替りで登場し、様々な観点から、昨今のFinancial Crisisの原因・結果と今後の展望について語るというものです。
私はこの授業に正式な登録はしていないのですが、Benからシラバスを入手し、面白そうなテーマや好きな教授のときに聴講に来ています。


今回は、シリーズのクライマックスの一つとも言える、名物教授Franklin Allenの登場です。

a0106603_9131933.jpg株価や原油を含む様々なモノの価格が不安定となっていることに起因する問題、1997年のアジア危機をIMF(ヨーロッパ)主導で沈静化させたことによるImbalanceの発生、Central Banksの役割と問題点(インフレ対策と財政問題の違い)等に触れながら、議論は、アメリカの現状と1990年代の日本との比較にフォーカスしていきます。

上品なQueen's Englishでの爽やかな弁舌に、時折、柔和なお人柄を象徴するようなWitに富んだジョークが笑いを誘います。
アレン教授は大の日本通でもあり、ここ20年以上にわたり、毎年5月に来日されています。ウォートンを、米国を代表するFacultyの一人がこうした機会を継続的に持ってくれているのは本当に有難いことです。

実は、私が日本に帰ってから絶対に実現させたいと思っていることの一つは、在日のウォートン・アラム向けに、アレン教授の特別講義を開催することです。
アレン教授を第一弾として、将来的には、様々なスポンサー企業と協力して、"Wharton Faculty Speaker Series" みたいなものが継続的に開催できればと思っています。大きな目標ですが、これを達成できれば、母校ウォートンに少しでも恩返しができるのかな、と楽しみにしています。
[PR]
# by whartonjapan09 | 2009-04-08 08:59 | オッサン

Wharton Int'l Cultural Show 2009 (オッサン)

いよいよWICS本番を迎えることになりました。
今年は、4/1wed.- 2thu.と2日間にわたる公演となっています。

この1週間は、リハーサルだ何だで毎日6-11PMは会場(Annenberg Center for Performing Arts)に篭りっきりで、勉強どころではありませんでした。おまけに、お腹は空くはノドは乾くわで、毎晩、終ってからTOMと飲んで帰っていました…
(実はこの時期、TOMは卒業後の進路について一大決心した直後だったので、2人でいろいろ話ができたのはとても良かった。)

さて公演1日目、ちょっとしたハプニングがありました。
昨年もBhangraチームで出演し、私のCohortmateでもあるLina(ブラジル人)が、先週土曜の最後の練習で膝をひどく痛め、ドクターストップで急遽出演できないことになったのです。
当日になってのフォーメーション・チェンジで、口頭では変更点を確認&共有化できていたものの、実際の舞台では予想外の食い違いが発生し、終盤の振り付けで何名かが2-3秒ズレて踊ってしまいました。
ただ、この日は水曜ということもあり、観客の入りも70~75%といった感じだったので、みんな「明日が本番!」と気を引き締めたのでした。

そして2日目。我が家も妻と子供2人が観戦に訪れてくれました。また、友人たちも家族連れで大勢来てくれ、観客席は満員御礼。昨日とはまた違う雰囲気で、会場は異様な盛り上がりぶりです。TOMと私が若干緊張気味なのに対し、チームメートたちは "So much energy there!!" と大興奮。
a0106603_8275926.jpg
今日は控え室で何度か通し練習を行い、直に変更点を確認。昨日の不具合はきっちり修正済です。さあ、いよいよ本番!

3分余りのステージは、大歓声に包まれ、あっと言う間に終ってしまいました。
(パフォーマンスの様子はコチラ↓)
http://www.youtube.com/watch?v=syVyQaurcZE
http://www.youtube.com/watch?v=U7zRbdyqkDs

自分では「完璧なパフォーマンスだった!」と意気揚々だったところ、後から友人たちに「一人だけ顔が真剣すぎた」「一杯いっぱい感がにじみ出ていた」と指摘され、若干へこんだのでした…
しかし、クラスメートや他のインド人たちに、「Bhangraは今年もNo.1パフォーマンスだった」とか、「日本人がBhangraを踊っているのを観れて感激した!」と言ってもらえたのは、本当に嬉しかったです。

とにもかくにも、昨年のWICSで観て感動し、「来年は絶対にBhangraをやるぞ!」と思って早や1年。ついに夢(小さい?)の実現です。
これでまた一つMilestoneを通過し、私のWharton Lifeは急速に終わりに向かって行くのでした。
[PR]
# by whartonjapan09 | 2009-04-03 07:46 | オッサン

サクラサク(おにゃお)

去る3月26日、2nd Roundの合格発表がありました。

合格された方、まことにおめでとうございます。
先週末は、ご家族、ご友人と、ゆっくりとお祝いされたでしょうか。
4月中旬には、キャンパスを開放して、合格者とご家族の方々をお迎えする、
Wharton Welcome Weekendが開催されます。
ご都合がよろしければ、是非、フィラデルフィアまでお運びください。
そして、Whartonの講義・ネットワークの素晴らしさを体験してください。
在校生一同、精一杯、皆様のお手伝いをさせていただきます。

Wait Listになった方。
チャンスはまだまだあります。
最後まであきらめないで。

残念ながら不合格となった方。
是非、来年reapplyしてください。
毎年、前年に不合格だった人が数多く再チャレンジし、見事合格を勝ち取っています。
尚、受験生の依頼があれば、
Admission Officeは、アプリケーションのフィードバックすることがあります。
フィードバックの結果を、次回の受験に十分反映させ、
捲土重来を期してください。

*****************************************************

先週末は、コロラド州デンバーに出掛けていましたが、
向こうはマイナス12度の吹雪。
フィラデルフィアに戻ると、とても暖かくて、街のあちらこちらに水仙が咲いています。
Wharton Welcome Weekendの頃には、
桜や木蓮が満開になり、皆様をお待ちしていると思います。
[PR]
# by whartonjapan09 | 2009-03-31 00:10 | おにゃお

Bhangra - 衣装合わせ (オッサン)

本日は初めての衣装合わせ。パンフレット掲載用のチームの写真撮影を兼ねています。
そして、Center Cityのダンス・スタジオを借りて、3時間に及ぶ最後の練習でもありました。月曜からは、いよいよ全体でのリハーサルが開始します。
ちなみに前日はバレーボールの練習、当日午前中は長男の野球の練習と、老体を酷使し続けており、疲れはピークに達していました。
a0106603_1475749.jpg


a0106603_1481773.jpg元気づけのために、その日の夜は、家族を連れて初めて "Prime Rib" へ(と言っても、家族が初めてなだけで、私は既に3回目…)。
ここは全米屈指のステーキハウスで、フラデルフィア・ビジネス界の社交場としても知られる高級店。普段はJacket Requiredで、子連れでは中々入りにくい雰囲気です。ただ、最近は不景気を受けて、"$33メニュー" などを投入し、客寄せに精を出しています。
ボリューム満点で、肉の味が心ゆくまで堪能できる豪快なBone-in Steak。日本に帰ったら、こんなステーキは二度と食べられません。
そうこうしているうちに、フィラデルフィアでの生活も、残り1ヵ月余りとなりました。
[PR]
# by whartonjapan09 | 2009-03-29 13:29 | オッサン