Wharton MBA (Class of 2009) 有志による「刺激」を共有する場
by whartonjapan09
Sponsored by

Movin' Strategic Career
http://www.movin.co.jp/

Antelope Career Consulting
http://www.antelope.co.jp


お気に入りブログ
Wharton MBA ...
Wharton MBA ...
カテゴリ
全体
タク
シン
doc
Ben
Yak
Mia
Shu
TOM
punk!
Ted
Nobu
オッサン
おにゃお
Master
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Wharton Health Care Business Conference終了(おにゃお)

半年近くかけて準備を進めていた、
Wharton Health Care Business Conferenceが、
お蔭様で昨日、無事終了しました。

一昨日は、
経営学の「神様」Michael Porter教授と、
ハーバード医学部および公衆衛生大学院Jim Young Kim教授が、
Global Healthをテーマに基調講演を行いました。

先進国が発展途上国の医療改善にどのように関わるべきか、という、
とても大きなテーマです。

アフリカでのHIV/AIDS・結核対策を例に挙げて、
政府・NGOなどの各団体の利害を超え、
病気の種類に応じた個別対応ではなく、
予防・治療・看取りを統合的に考え、
インフラ整備も含めた広範なアプローチが必要、
とのメッセージでした。

医療政策の統合的アプローチ、という考え方が、米国で必要だということが、
昨日のVon Eschenbach米国医療薬品局の基調講演でも、
繰り返し強調されたのは、大変興味深かったです。

予防医療政策に関しては、日本が他国より先行しており、
世界的にも注目を集めています。
職場での健康診断義務化がされており、
メタボリック・シンドロームに対する対策が始まっています。

さて、私が担当していたHealth Care Servicesパネルでは、
医療におけるIT革命がテーマでした。
米国でも、電子カルテの導入は遅れており、
ITは、診療代の請求・審査を中心に使われ、
患者の健康管理にはあまり活用されていません。
パネリストには、
IPOしたばかりのAthenahealthからはCEOのJon Bush氏、
医師としてビジネスを起こしたMedAssurant CEOのDr. Keith Dunleavyらを迎え、
ビジネス的観点から、ヘルスケアITの応用可能性について議論されました。

パネルの最中に、Duke大学から来ていた知人が
「このパネル、いいねえー!!」とテキスト・メッセージが携帯電話に届きました。
パネルの終了後も聴衆の熱心な質問は終わらず、
御厚意で残られたDr. Dunleavyが、最終コメントを終えた時には、
終了予定時刻を1時間以上も過ぎていました。

会場を出る際、パネル・ディレクターの我々学生に対して、
力強いメッセージを残されたのが印象的でした。

「僕は、病院で欲しいサービスを自分で作ろうと思って、
ヘルスケアの質評価の情報提供ビジネスを始めたんだ。
最初は家の寝室の片隅で立ち上げた会社が、
今では地域の最大の雇用者になっている。
現在のヘルスケアITは、1994年のインターネット・ビジネスのように、
爆発的に拡大する前の、大きな可能性を秘めているんだ。
君たちには、決して現状に満足してほしくない。
自分の天井を設けた時点で、君たちの成長は止まる。
Life is too funny.何でも挑戦してごらん!」

このカンファレンスは、朝から続いた雪にも拘わらず、
800人を越える参加がありました。
スポンサー企業のご支援、Whartonヘルスケア専攻卒業生ネットワーク、
ペンシルバニア大学医学部や教授陣の協力があってこその成功でした。
ご協力くださった皆様方に、この場をお借りして御礼申し上げます。

成功裡に終わった昨夜は、担当した学生で盛大に打ち上げがあり、
来年も頑張ろうね、と言い交わして家路につきました。
今週末は、ようやく枕を高くして眠ることができます。
[PR]
by whartonjapan09 | 2008-02-24 01:44 | おにゃお

FAP (Yak)

このところ、佳境に入ったJapan Trekや宿題の相談やらで集まる機会が多く、
この日曜にはInternational Food Festivalに和食を出そうと話していたりして、
Japanコミュニティーにお世話になりっぱなしです。

いつもありがとうございます。


今学期わたしはヘルスケア・プログラムの一環で
FAP(Field Application Project)を履修しています。
http://fap.wharton.upenn.edu/  

クライアント企業から与えられたお題は
「新規プロジェクト選択&製品開発プロセスの効率化
およびリソース最適配分のためのベンチマーク開発と改善提案」。

教授陣と戦略コンサルから一人ずつがアドバイザーとして
各プロジェクトについてアプローチ指導をしてくれるのですが

「これはふつうのベンチマーキング案件だね」と言われ、

=適当に何人かの話を聞いて好例を集めて
  FNCEとOPIMのモデルを使って数字を作り
  見栄えのするプレゼン資料を作れば終わり

と解釈してすっかり油断し、DIP week中まったく何もせずに過ごしてしまいました。

ところがこの業界は、
巨額の研究開発費を投入しているわりにプロジェクト選択は手探りで
そのプロセスにかかるコストは正確に把握されておらず、
好例などそう簡単には見つかりませんでした。

焦った私たちは授業のあいまをぬって1週間で累計40件の電話インタビューを実施。

手探りでやっていてはまずいのではないか、
という正しい問題意識を持った人が作りかけて放置されたモデルや
集めかけて途中であきらめたデータなどを発掘し、
ベンチマークをひねり出す作業に入りました。

学生のコンサル活動だからといって、やっぱり難しくて何も結果をだせませんでしたと
白旗を揚げては後輩に迷惑がかかります。

われわれ、必死です。


ちなみに怒濤のインタビューをして気づいたこと。

アメリカという国は大陸だけで標準時が5つあるので
インタビュー相手の望んでいる10時がここでは11時だったり1時だったりして
時間調整だけでも面倒くさいです。
これでサマータイムも導入しちゃうんですから・・・。

時間というのは人間が勝手に決めて支配しているのだということを
改めて思い知りました。


これから試験週間に突入して忙しくなると思いますが、支え合っていきましょう★
よろしくお願いします!
[PR]
by whartonjapan09 | 2008-02-23 07:32 | Yak

Wharton Follies(オッサン)

先週末は、1st Round合格者(Class of 2010)を歓迎するWharton Winter Welcomeというイベントがあり、その一環として、ウォートン名物の一つ "Wharton Follies” というミュージカルを見てきました。

もともと、気にはなっていたものの、翌週に控えるファイナンスの宿題などが行く気を萎えさせていて、チケットを買っていなかったのですが、今年 "Action!” をテーマに掲げるシン太郎に引っ張られて、行くことにしました。でも、誘ってもらって大正解。
簡単に言えば、学生の「演劇部」の出し物みたいなものですが、オーディションや練習が相当厳しいとの噂だけのことはあり、クオリティーの高いエンターテイメントとして非常に楽しめました。
a0106603_2141411.jpg

内容は、学内生活をパロディーにしたもので、American Popsに合わせたノリのいい歌と踊りが満載。教授本人が登場したり、同級生のプライベートを暴露するようなネタありと、在校生にとっては爆笑の連続。一つ一つのネタが本当によく練られているなー、と関心することしきり。
なかでも、副学長のProf. Anjani Jainが舞台横のスクリーンに度々登場して、あの独特のキャラを活かしたボケネタを連発し、ウケまくってました。彼は本当にユニークな人、というか、ウォートンを愛していて、学生想いでいい先生なんだなーと改めて関心。
他に面白かったネタを紹介しますと…
あるウォートン生(男)が、クラスメートのMBA生、元彼女、ウォートンのUndergradの3人の女性の中で揺れ動く様が描かれており、ここに「コンサルタント」たちが登場。ストラテジーの授業で習った枠組になぞらえて、Analysis & Recommendationを展開していきます。大真面目にFrameworkの当てはめを進めていくのも笑えるのですが、最後に、女性3人ともモノにする(全部いっちゃえ~)という ”Hunter Strategy” が紹介され、場内は大爆笑。これはイケメンとして知られる同級生のハンター君をもじったものでした。

また、このFolliesには、我らがJapan'09が誇るM.T.嬢も衣装製作として参加!カーテンコールに晴れやかに登場していました。

”Wharton Follies” は、4月末に2st Round合格者を歓迎するWharton Welcome Weekendで再上演される予定ですので、まだ見ていない方は是非観劇に行かれることをおススメします。
また、Class of 2010の方は、ウォートンの雰囲気を味わって頂くためにも、是非WWWにお越しになってFolliesを見てください!
[PR]
by whartonjapan09 | 2008-02-23 02:20 | オッサン

Differential (タク)

タクです。

最近すっかりBlogの更新をサボっていました。スミマセン。やっぱちょっとしたことでもどんどん感じたことを共有しましょう。秘めたる闘志は闘志がないのと一緒と言われたことがあります。やっぱり僕達は恵まれた環境に身を置いていて、それぞれみんな様々な感じ方をしています。いつの間にやらそんな環境が当たり前になってきていますが、自分からもっともっと刺激を求めにいって、更にそれを発信・共有できたらサイコーだと思います。発信!


さて、僕は各授業で感じたことや新しい発見を毎回メモするようにしているのですが、時には何にも感じることができない授業もあり、それでも何かを見つけようとするわけですがこれが結構つらい。。。しかしこれもBlogと一緒で一度サボるとどんどんサボり癖がついてしまいます。DIP前から中断してしまっていたそのメモを再開することにしました。

というわけで、今回はふと目に留まったニュースで感じたことを。先日日本のWebのニュースを見ていたら、各国で行われた経済格差に対する感じ方と言う記事がありました。その結果が以下の通り。

Q: 日頃「経済格差」を感じますか? (「Yes」と回答した比率)
1. 韓国: 86%
2. イタリア・ボルトガル: 84%
4. 日本: 83%
… フランス: 78%, イギリス: 56%, アメリカ: 52%

a0106603_2230579.jpgどういう調査方法だったのかわかりませんが正直驚きです。どこが驚きかって韓国で86%、日本で83%もの人が経済的格差があると感じていること。当然格差は事実として必ず存在しますが、それを83%の人が 多分Negativeなイメージで普段から感じてるって、、、、その一方で、この極寒のフィラデルフィアでは人通りの多い歩道のど真ん中の温かい湯気が出てくるマンホールの上で熟眠している人や物乞いをする人を普通に見かけるし、ちょっと郊外に行けば昼間にもかかわらず車でも通るのを避けたほうがいいといわれる貧しい地域が点在します。ここアメリカでは人々の二極化が進み、富める層は高い教育と十分なチャンスが与えられますます裕福になる一方で、かなりの割合を占める裕福ではない層はそこから一向に抜け出せない構造が鮮明になりつつあると言われています。まさに「格差社会」のこの状況で52%。不思議です。

お金はすべてのものをひとつの物差しにのせて比較できる素晴らしいツールですが、それ故それ自体を求めることに終着点はないように思います。ここビジネススクールではお金を如何に効率的に生み出し、付き合っていくかと言うことを徹底的に学ぶわけですが、相対的な価値を計るお金が軸である以上、結果が同じでも感じ方ひとつで全く違った世界になってしまいます。難しいですね。

なんかとりとめありませんが、今日はこの辺で。
[PR]
by whartonjapan09 | 2008-02-22 22:38 | タク

New Orleans(オッサン)

先週(DIPの一週目)、同じ会社の一年後輩が在住しているルイジアナ州はニューオーリンズを訪ねてきました。彼は現在、南部の名門私立Tulane UniversityのMBA(Freeman School)2年生なので、あと3ヵ月ちょっとで日本へ帰国してしまいます。それまでに、一度は行ってみたいと思っていたので、このDIPはちょうど良い機会でした。

ニューオーリンズは、ご承知の通り音楽(Jazz)の都です!それに、密かに「食い倒れの街」としても知られる南部きってのGourmet Townでもあります。クレオール料理、ケイジャン料理との名称がありますが、日本では味わえない、どことなく不思議なスパイシーさが魅力です。また、シーフードが豊富で、とりわけ新鮮なカキ(Oyster)は絶品!大粒の生カキ1ダースが$11ほどで堪能できます。朝食にカキフライ(Oyster Benedict)も山盛り出てきました。
a0106603_13261411.jpg


a0106603_13264736.jpg街のヘソは、Jackson Square。第7代アメリカ大統領ジャクソンの騎馬像が勇壮にお出迎えしてくれます。
彼は米英戦争時のニューオーリンズの戦いで圧倒的な勝利を上げ、国民に大人気の英雄となりました。その後、貴族出身でない初めての「庶民派大統領」として高い支持率を誇ったそうです。一方、白人至上主義的な側面があったとも言われ、米国史上唯一、議会から不信任決議をされた大統領でもあります。(以上、Wikipediaよりパクリ。)


街の目抜き通りはBourbon Street。ここでは、路上でJazzやBluesなどの音楽が奏でられ、様々な街頭パフォーマンスも盛んです。
a0106603_13272087.jpg

もちろん、ライブハウスでは、AuthenticなJazzにとどまらず、Hard RockやPopsの生演奏(生カラオケ?)などもガンガンにHeat Upしてます。ちなみに、ライブハウスやバーの合間を縫って、所はばかることなくストリップやキャバレーも乱立しています。アメリカでは珍しく、路上での飲酒も許可されていて、観光客がビール片手にフラフラうろついています。ちなみにこのバーボンストリート、名前の由来はフランスの「ブルボン家」から来ており、その他にもフランスの植民地であった頃を想起させる地名・建物がたくさんあります。

さて、私が訪れたのは、「マルディグラ」というカーニバルを数日後に控え、街全体が徐々に盛り上がりつつある時期でした。地元の人は、この「マルディグラ」を、リオのカーニバルと比肩する「世界三大カーニバルの一つ」と公言してはばかりません。ま、それほどクレイジーな盛り上がりぶりというのは本当らしく、町中の車のフロントガラスにひびが入っているのも、この祭りで雨霰のように投げ交わされるビーズの首輪が原因です。また、後輩君いわく、最盛期には女性もトップレスやストーリーキング状態で街を練り歩くらしいです…。a0106603_1328166.jpg
大通りでは、京都・祇園祭の「山車」さながらに地元民が嗜好を凝らしたパレードの車が行進します。ハリケーン・カトリーナの爪痕は、まだ街の随所に残っていますが、ニューオーリンズの人たちは、このカーニバルの期間だけはと思いっきり破目を外してエンジョイしています。

また、一番の目的?であった、他校のMBAの授業にも参加してきました。Freeman Schoolは、通常で一学年120名ほど、現2年生はカトリーナ直後ということもあり80名という小規模スクールです。当然のことながら、クラス全員は、家族も含めて顔見知りというくらい親密な関係で、おまけに現在は1・2年生あわせて日本人は後輩君一人という状況。自然とみんなから声をかけられます。小さい建物ながら、本館はピカピカの最新鋭ビルで、1階は、株で大儲けした教授が私費で建設したという大規模トレーディングルーム!建物の各所には、どこから持って来たの?という感じの大きな絵画たち(価値は不明)が壁づりされています。
a0106603_13283537.jpg
また、教授の一人がWhole Foodsの創設メンバーとして大成功したという話もあり、ビジネス・プラン・コンペティションも盛んで、Small Schoolながらアントレプレナーシップを大切にしている校風が感じられました。授業の雰囲気はフレンドリーそのもの。教授も教壇から降りて生徒の席に加わり、和やかな雰囲気の中で進行していきます。ただ、2年生の後半ということもあり、「まったり」ムードで、かなり「ゆるい」感じも漂っていました。時期の違いはあるにせよ、こうしてみると、やっぱりウォートンの生徒たちはアグレッシブ&コンペティティブだなーと感じます。

同じ会社から現在、海外の大学院に派遣されているメンバーは、ミシガンのロースクール、コーネルのMBA(ジョンソン)、英国のオックスフォードの計3名なのですが、いずれも私と非常に親しい者ばかりなので、彼らが居るうちに各地を巡ってみたいと考えています。
[PR]
by whartonjapan09 | 2008-02-06 13:48 | オッサン

FNCE 602 (オッサン)

3Qが始まったと思ったら、あっという間にDIP Week (Dedicated Interview Period: 1st year studentの就職活動のための休暇期間) に突入してしまいました。いやー、MBAの2年間も、うかうかしてたらアッという間に過ぎ去ってしまいそうです。

Spring Semesterは、皆、学校の生活に慣れてきたことや、授業の負荷が軽くなってきたこともあり、「ラクになったなー」という人も多いのですが、私はFallでFNCE601 (Corporate Finance) をDeferしていたため、今期はFNCE601と602 (Macro Economics) の2つをセメスター・ロングでこなすことになり、おまけにWHCP (Communication & Presentationのクラス) も残っているため、結構大変です。
私は保険会社に勤務しながら、金融・経済に係わる仕事をほとんどしたことがなく、大学でも法学部だったので、全くそちら方面のバックグラウンドがありません。ただ、ウォートンでファインスを学ぶというのは、私にとって2年間のMBA生活の中でもハイライトの一つであるため、気合を入れて学びたいと思っています。

a0106603_2544423.gifFNCE602は、コア科目なのにAuctionでのBidが必要な唯一の科目で、その原因の一つはウォートンきっての人気教授であるDr. Siegelの存在です。私も、2年間で計5000 ポイントの持ち点のうち、2000 ポイントを費やし彼の授業を競り落としました。
Dr. Siegelは、1972年(私が生まれた翌年!)からマクロ経済学の教鞭をとり続けているという強者です。まさに世界経済発展の歴史とともに生きてきたと言っても過言ではありません。彼はこれまで、ウォートンで数々のTeaching Awardsを獲得しているのはもちろん、1994年にはBusiness Week 誌で ”Best Business School Professor in worldwide ranking” にも選出されています。既に齢60歳を超え、看板教授としてのピークは過ぎたかに思えますが、授業を受ける限りでは、彼の情熱・エナジーに少しの陰りも感じられません。見た目は、ちょっと背の小さいアメリカ版 ”塩爺”(塩川元財務大臣)という感じなのですが、猫背になりながら両手をぐるぐる回して熱弁を振るう姿はちょっと圧巻です。
Dr. Siegelの授業は、全体スケジュールから各回の授業運営に至るまで、全てが他の教授とまるっきり違います。まず、使う教科書が違うし、試験の回数・時期も違う。毎回の授業は、約30分にわたる彼のMarket Commentaryからスタートします。残りの45分が普通の授業。最初の30分は録画され、Whartonの生徒ならWeb Streamingで見ることができます。また、この部分は「立ち見」も許可されていて、毎回、多数の傍聴者が訪れます。独自にアレンジしたBloombergの画面をスタートとして、注目すべき経済指標の直近のトレンド、ロングタームでの傾向、あるいは他の指標との相関性など、ITを駆使してビュンビュン話を展開していきます。アメリカ経済に馴染みのない私にとっては、理解度を上げていくにはもう少し時間がかかりそうですが、彼の英語は非常にクリアで聞きやすいですし、何よりも教えることに対しての情熱を感じるため、伝わってくるもの、腹に残るものがあります。また、受講生宛には、事後的にWeekly Commentaryをメールで送信してくれるため、これも理解の助けになります。

さて、残りの45分の授業ですが、これは時折、Market Commentaryに対する生徒の質問(アメリカ人やインド人に遠慮という言葉はありません)が押してしまい、短くなりがちです。しかも、彼にとっては、もう何百回と繰り返してきているはずのGDPやCPIといった経済指標の説明についても、一切の手抜きというものが感じられません(めちゃめちゃ熱いです)。
そんなこんなで、授業はほとんど進んでいないため、アメリカ人たちのように「後でテキストをさらっと読んで追い込む」戦法ができない私は、テストのことを考えると少し心配になってきました…。ま、ただ折角ウォートンに来てDr. Siegelの授業を取っているのだから、型どおりの進行を期待するのではなく、こちらがflexibleに対応していかないといけませんね。
[PR]
by whartonjapan09 | 2008-02-06 02:59 | オッサン

有言実行!? (シン)

既に他の人が書いてくれているように、僕も例のDIP Weekということで、Electiveを取っている関係で長い旅行にはできませんでしたが、昨日から一泊でナイアガラの滝を見に嫁と二人で行って来ました。冬にナイアガラの滝はちょっと~って、思ったあなた!…、正解!もうホントちょ~寒かった!でも、冬のナイアガラもいいもんですよっ!

っで、実は、最後の最後まで行くのを悩んでいたこともあり、予約は取ってなかったんですよ。でもそう、なんせ僕の今年のテーマは「アクション」。やっぱり思い立ったら行かねば!ってことで、実行に移すことに。えっ!?方向性がおかしい!?いいんですよ。僕には一点の澱みもございません。ただ、直前だと飛行機とか思ったより高かったので、ここはいっちょレンタカーを借りて片道420マイルの道のりを突っ走ることに。いや~、長かった~。しかも帰りはずっと大雨で、超が付く視界不良に加え、路面凍結の心配をしつつの運転だったので、もう神経がすり減るすり減る。Cotopaxiで自然の恐ろしさを感じてきたにも関わらず、やっぱりなかなか成長できていないようです…。

肝心の滝はと言えば、凄かった!ナイアガラですよ、ナイアガラ。凄くない訳がない。しかも、水しぶき飛ばし過ぎ!来ていた観光客の中には、ジャケットが水しぶきでパリパリに凍っていた人もいました。もちろん、夏じゃないので、滝のふもとまで行ったり、乙女号に乗ったりっていうのはできませんでしたが、それでも自然のパワーは十分に感じることができました。水が落ち切るのには時間的には1~2秒くらいしかないのでしょうが、一点を見つめてその流れ落ちていく水を上から下まで追ってみると、なんとも“いかめしい”と言うか、“おごそか”と言うか、なんか変な表現ですが水がとても堂々としていて、吸い込まれちゃうような感じがしました(ちょっと水が濁っていて汚かったけど)。
a0106603_14522127.jpg

若干無茶な旅行でしたが、こうしてシン家のアルバムに一枚のページを増やすことができました。帰国前には何ページになっているのか?楽しみです。こうゆうのも、MBAだけじゃないですが、留学の一つの側面かと思い、ご紹介を。
[PR]
by whartonjapan09 | 2008-02-02 14:55 | シン

「Whartonでの目標」進捗報告(Ted)

Tedです。

Electiveをまだ履修しておらず現在転職活動もしていない小生は、DIP Week期間中はひたすらcore授業のキャッチアップを心がけています。そんな勉強の話をしてもつまらないので、今回はちょっと私生活のエピソード。といっても、アメフトとか登山とか合気道のようなかっこいいネタがないので、最近、趣味と化しつつある子育てについて。

夕べ、4歳になったばかりの娘と「ファインディング・ニモ」のDVDを久しぶりに見ました。

もうなんども見ているので、筋書きも分かっているけど、改めて見るとぐっと来るものがあります。多分独身で子供いなかったらまた違うと思うけど、既婚+娘がいる『人の親』の立場になると共感する場面が多いです。

例えば、昨年9月、初めて米国のpre-school(幼稚園の一歩手前の、保育園と預け所の間みたいなところ)に娘を預けたときのこと。やっぱり初日は『大丈夫かなぁ。怪我したりしないかなぁ。友達できるかなぁ。いじめられたりしないかなぁ。』と不安でした。

が、その日の終わりに迎えに行って見ると、なんのその、娘は大はしゃぎでenjoyしている様子。それ以降も、もちろん英語がまだ完全にしゃべることが出来ないので、コミュニケーションで苦労している様子も見受けられるけど、それでも積極的に他の子の仲間に入ろうとしたりしている姿を見て、ある種の感動をおぼえました。

子供って、親が思っているよりもずっと順応力があるし、ずっとたくましいなぁ、と。

以前から、日本のメディアに子供の「いじめ」「自殺」が報じられており、親としては子供を世に送り出すのが不安になったりもしますが、でも、そうして世の中から隔離すればするほど、子供は本来の順応力・社会適応能力が衰えていってしまうのかな、と思います。

このブログの「自己紹介」の「Whartonでの目標」の一つ(『自分が幼少体験したような経験・思い出を家族にも提供すること』)にもあったとおり、とにかく、ここに留学している間、出来るだけいろんな経験を娘にはさせてあげたい。そして、問題にぶち当たったとき、自分で解決する方法を身に付けてもらいたいし、同時に自分の限界を知ることの出来る賢い大人になってほしいなと思っています。

え?そのほかの「Whartonでの目標」(ie.『技術的にはファイナンスを専攻し、企業・事業の価値算定が出来るようになること』『気持ち的には外国人の中にいてもうまく自己主張し、マネジメントが出来るような自信をつけること』)はどうしたかって?

もうちと時間ください。。。
[PR]
by whartonjapan09 | 2008-02-02 00:56 | Ted