Wharton MBA (Class of 2009) 有志による「刺激」を共有する場
by whartonjapan09
Sponsored by

Movin' Strategic Career
http://www.movin.co.jp/

Antelope Career Consulting
http://www.antelope.co.jp


フォロー中のブログ
Wharton MBA ...
Wharton MBA ...
カテゴリ
全体
タク
シン
doc
Ben
Yak
Mia
Shu
TOM
punk!
Ted
Nobu
オッサン
おにゃお
Master
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Nobu( 2 )

INSEAD通信① (オッサン)

a0106603_084664.jpg期末試験がスタートしたばかりのウォートンを後にし、5月5日、ついにFontainebleauへやって来ました。
いよいよINSEADでの2ヵ月間の交換留学生活がスタートです。
振り返れば、2007年6月に初めて渡米してきた頃には、まさかフランスにまで勉強に来ることになるとは思ってもいませんでした。

「思えば遠くへ来たもんだ 今では女房子供持ち
 思えば遠くへ来たもんだ 振り向くたびに故郷は
 思えば遠くへ来たもんだ 遠くになるよな気がします
 思えば遠くへ来たもんだ この先どこまで行くのやら」(海援隊)

全然フランスのイメージとは合いませんが… Never mind.

a0106603_093332.jpgご存じの通り、INSEADは1年制のMBA Programで、"International" かつ "Sociable" なStudent Bodyで知られています。
1970年代にアジア・ビジネス・プログラムを設けるなど、早くからビジネススクールとしてのグローバル戦略に目を向け、特に2000年以降は、シンガポール・キャンパスの開設やウォートンとの提携などをテコに、"The Business School for the World" を標榜しています。
また近年は「ブルー・オーシャン戦略」の総本山としても知られ、様々な面で米国MBAやLBSなどとの差別化に成功していると言えます。

フォンテーヌブローは、フィラデルフィアと比べると随分田舎で、街自体は不便&退屈なんですが(やっぱり私はすっかりWhartonite!)、INSEADには良いところもいっぱいあります。

1) 緑に囲まれた、ゆったりとした環境!
オープン・エアの中庭、テラスなどの空間が贅沢に設けられています。5-6月は特に気候も良いせいか、非常に爽快です。

2) 学内のカフェ&レストランが充実!
コーヒー&紅茶は無料で提供されていますし、カフェのクロワッサンやバケットがとても美味しいです。また、レストランでは各種の肉・魚や、インド・イタリア料理をはじめとするバラエティ豊かなメニューが楽しめます。デザートも見るからに美味しそう。バーでは昼間からビール、ワイン、各種リカーが飲めます。
グルメという点では、残念ながらフランスvs.アメリカで勝ち目はありません。

3) ユーラシア大陸を中心とした、様々な国からの超Internationalな留学生!
ウォートンも非常にInternationalな学校だと思いますが、とは言え〇〇系アメリカ人(いわゆる2世やそれに近い人)が多いのと、高校・大学時代からアメリカに留学している、または社会人になってからアメリカで働いているという連中も大勢いるので、ピュアな留学生という意味では若干比率が下がります。
その点、INSEADでは80%以上がピュアな「留学生」と言え、かつ彼(女)らの英語力も大半は「第二言語」としてレベルが高いに過ぎません。英語が下手で知られる日本人留学生としては、ある意味、非常に親近感が持て、居心地の良い環境だなと感じます。
[PR]
by whartonjapan09 | 2009-05-06 23:55 | Nobu

自己紹介 (Nobu)

名前: Nobu

略歴:
1976年 神奈川県鵠沼にて誕生
 1999年 東海大学工学部建築学科卒
 1999年-2007年 某プラントエンジニアリング会社にて勤務
現場作業着とヘルメットが似合う31歳。

Why MBA?:
・再度戦略物資になりつつあるエネルギー資源に関して、アップストリームからダウンストリームまでをカバーする資源会社を持たない日本を不安に感じ、日系石油精製会社に働く友人と30年後日本に和製メジャーを作るのにはどうした人材が経営者レベルで必要か!を後ろから追っかけていき MBA に行き着く。
・エンジニアリングバックグラウンドからファイナンスファンクションへの転進
・インターナショナル・資源ネットワークの構築

Why Wharton?
・巷ではやはりファイナンスなら Wharton ということで。
・少しでも知識を吸収したいファイナンスで転んだ時でも様々な分野ですばらしい教授陣がいるため。
・一番ストレッチ出来る場所だと思ったため。

Whartonでの目標
・素人なため漠然としすぎているがファイナンス知識の習得。
・特に産油国から来た人・エネルギー業界の人とのネットワーク作り。
・日本人としてのアイデンティティーを再確認し、今後の人生の進むべき道を見定める。

09のみなさん、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by whartonjapan09 | 2007-09-05 17:14 | Nobu