Wharton MBA (Class of 2009) 有志による「刺激」を共有する場
by whartonjapan09
Sponsored by

Movin' Strategic Career
http://www.movin.co.jp/

Antelope Career Consulting
http://www.antelope.co.jp


フォロー中のブログ
Wharton MBA ...
Wharton MBA ...
カテゴリ
全体
タク
シン
doc
Ben
Yak
Mia
Shu
TOM
punk!
Ted
Nobu
オッサン
おにゃお
Master
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Wharton Global Club Conference (オッサン)

a0106603_7205645.jpg今日は、Wharton Club of Japan(日本のウォートン同窓会組織)のChairpersonから代理を仰せつかり、表記の会に出席してきました。

The Global Clubs Conference will focus on the Wharton alumni clubs and provide an opportunity to share best practices and discuss club issues. This conference is open to all alumni club officers and representatives who are interested in learning and sharing club experiences.

簡単に言うと、ウォートンの世界各国のアラムナイ・クラブの総会みたいなもんでしょうか。2日間にわたるセッションのAgendaは以下の通り。

Friday, October 24, 2008
12:30PM - Conference begins with lunch
1:30-5:30 - Faculty presentation and club sessions
5:30-8:30 - Reception and dinner

Saturday, October 25, 2008
8:30AM - Continental Breakfast
9:30-12:00PM - Conference breakout sessions
12:00-12:30 - Election of Global Clubs Committee
12:30 - Conference ends

参加者は、世界各国の同窓会組織のRepresentativesなので、大半がWG80s(40~50歳台)の方々。私も在校生の中ではオッサンとは言え、明らかに違和感のある若造が紛れ込んでいる風情です。
私、ランチやディナーにまで厚かましく出席できるほど精神面が鍛錬されていない未熟者につき、1日目の "Faculty presentation and club sessions" に、他のJapan Clubのボードメンバーと手分けをして出席したに留まりました。

当日の出席者は30名あまり。2/3はアメリカ人で、"Florida Wharton Alumni Club" とか、"Wharton Alumni Club of New Jersey" といった、州ごとの同窓会組織の代表者が中心。それに、南米・ヨーロッパ・アジアの各国が少しずつ、あとアフリカの国の人も居たような気がします。
全世界に48,000人いるウォートンのアラムナイ人口を考えれば、出席者が30名というのはちょっと少ない気もしますが、全国各地あるいは世界各地から何時間も飛行機に乗って意見交換のためだけにわざわざやって来るというのも大変なことです。
先日のDean's Lunchでも話題になったのですが、ウォートンでは近年、"Lifelong Learning Concept" というものを掲げ、アラムナイ・ネットワークの活性化や、Executive Programのプロモーション強化に努めています。

2年間通った学校が同じという事実-つまり、ノスタルジーや仲間意識だけで、超多忙な卒業生たちをAlumni Networkに惹き付けておくことはできません。ただ、この素晴らしいAssetを、風化するに任せておくのは愚の骨頂です。
日本のアラムナイ組織についても同様のことが言えるのですが、Philadelphiaから遠く離れた彼の地で、どのようなバリューを出していけるのかが課題です。
[PR]
by whartonjapan09 | 2008-10-25 07:15 | オッサン
<< Pennsylvania Du... Big & Little Co... >>