Wharton MBA (Class of 2009) 有志による「刺激」を共有する場
by whartonjapan09
Sponsored by

Movin' Strategic Career
http://www.movin.co.jp/

Antelope Career Consulting
http://www.antelope.co.jp


フォロー中のブログ
Wharton MBA ...
Wharton MBA ...
カテゴリ
全体
タク
シン
doc
Ben
Yak
Mia
Shu
TOM
punk!
Ted
Nobu
オッサン
おにゃお
Master
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Intramural Soccer (オッサン)

Center Cityの小学校に通っている長男(7才)が、クラスメートに誘われて、9月から地元のサッカークラブに入りました。

a0106603_94179.jpg毎週土曜の午前中、Fairmount Parkの広大な芝生のグラウンドで何チームかに分かれて練習&ミニゲームをしています。
アメリカではサッカーはマイナースポーツ。だと思っていたのですが、意外に競技人口が多くてびっくり。北京オリンピックでもU.S. National Teamが大活躍だったので、人気が出てきているのかも知れません。

a0106603_9413181.jpgちなみにこちらは、春(3-6月)に参加していたCenter Cityの野球チームの写真。Skyukill River Parkの野球場で行われていました。
さすがにBaseball大国、男の子も女の子も大勢参加していて、小学生未満の子たちだけで12チームくらいありました。付き添いの親たちも、皆、コーチさながらに熱心でした。

こうした活動に参加してみて、いくつか気付いたことがありました。

①アメリカでは、季節に応じていろいろなスポーツにチャレンジさせるのが一般的です。野球もサッカーも、季節ごと(3-4ヶ月単位)に募集があって、チームが編成されます。日本では、こういうクラブチームはちょっとExclusiveな感じがしましたが、こちらはすごくオープンでチャレンジしやすい環境です。冬は、室内プールでの水泳やアイススケートなども盛んです。いろんなスポーツに慣れ親しむ中で、自分の適性を探していくような仕組みです。

②写真でも分かるとおり、グラウンドは一面、立派な芝生で覆われています。転んでも痛くないので、子供たちも思いっきりプレーしています。また、芝生の上のサッカーボールは蹴り心地も抜群で、弾み方がまるで違います。
アメフト元全日本代表のタクも言っていましたが、練習のときから怪我を恐れずに「あと一歩前へ」という限界にチャレンジすること、自分のプレーのよいイメージ・感触を持ち続けることが、パフォーマンス向上の秘訣だと。本当にその通りだと思います。

③野球でもサッカーでも、道具が本格的です。小さい子供でも、野球なら硬式のボールに金属バットとヘルメットを使って練習・試合をしますし、サッカーならスパイクとシンガードは着用必須です。確かに、スパイクはグリップが全然違いますし、シンガードがあれば怪我を恐れずにガンガン行けます。こうした「本物志向」は、技術向上のためには非常に重要な気がします。

④チームを運営するボランティアや、親たちの協力体制が整っています。コーチたちは、恥かしげもなく子供たちに熱く語りかけます。「今日は何か新しいプレーにチャレンジしたか?」「チームメイトと協力できたか?パスを意識したか?」「来週までに、日常生活でも何か新しいことにチャレンジしよう。また、家族やクラスメートの手助けをしよう」
また、親たちも、自分の子供のことばかりでなく、チームの子供たちの名前をできるだけ覚えて、"Nice try, Mike!" "Nathan, great job!" といったCheer up, Affectionを惜しみません。

こうした豊かな環境は、スポーツ大国アメリカの底力を感じさせます。
[PR]
by whartonjapan09 | 2008-10-08 09:46 | オッサン
<< 本日1st Round入学申し... Walnut Walk (オッサン) >>